無料ブログはココログ

« 安●楽牧場 | トップページ

2011年10月 7日 (金)

償却資産の申告~テナントの取り付けた内装工事とその後

「テナントの取り付けた内装工事は、償却資産に該当する」




申告の手引きにもハッキリと書いてあるこの取扱い、

まして税理士からすれば「いまさらなにを改めて・・・」というお話ですが、

他の税理士事務所から移ってこられるお客さんの償却資産申告をみると、

なぜか申告対象外になっていることがあります。




先日も、そんな例があったばかりでしたが。




さてさて、そんなテナントの内部造作について、ふとある疑問が。




「テナントとして入っている家屋を、その後で購入して自己家屋になった場合には、

それまでテナントだから償却資産として申告していたものは減少申告してよいのか」




もちろん、自己所有家屋でも償却資産として申告すべきものはありますから、

あくまでも「テナントである場合には申告対象となります」という資産に限ったお話です。





申告の手引きには「テナントから自己所有になった場合の取扱い」については、どこにも書いてありません。



理屈からいって減少申告でいいんだよな・・・と思いつつ、内部造作は金額が大きいこともあって念のため都税事務所に電話で確認をすることに。



・・・でも、以前ある都税事務所では担当者によって違うことを言われた経験もあるので、念には念をいれて都内某3か所に確認(笑)





回答はみな同じ「減少申告でOK」でした。





賃借物件を購入することって、なかなかないかもしれませんが、

「グループ会社間で賃借、売買のあったケース」では要注意ですね。










医療法人、クリニック、診療所に強い東京都の税理士事務所

公益法人の移行支援ができる東京都の税理士事務所

« 安●楽牧場 | トップページ

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566440/52931286

この記事へのトラックバック一覧です: 償却資産の申告~テナントの取り付けた内装工事とその後:

« 安●楽牧場 | トップページ